2016年12月26日

またまた変な事をしました

こんにちは。他の人がやらない様な事をしたがる変人です。あと少しで今年も終わりですが、皆さんのミリタリーライフは充実していましたでしょうか?


さて話はかわりますが、

この写真の兵士たちが手にしているAK のマズルに注目して下さい。
通常のAK と違い銀色ですよね。すでにお判りの方もいると思いますが、コレAKを空砲射撃で作動させる為のブランクアダプターなんです。

先日ヤフオクを眺めていたら、形状は違うけどAK 用ブランクアダプターが出品されていたので思わず落札してしまいました。未使用品らしく、焼けや火薬カスの付着はありませんでした。






こちらが出品時の写真です。
内部はマズル側から銃身側へ円錐状になっていて、一番狭まっている所で約2ミリの穴になっていました。ここがチョークの役割を果たして、ピストン側にしっかりとガスを流す様になっています。
当初、手持ちのドリルとビットにて穴の拡張を試みましたが、高温・高圧に晒される部品です。
しっかりと焼きが入っていて全く歯が立ちませんでした。
そこで金属加工会社に相談を持ちかけたのですが超硬ビットでも難しいと言われ、それでも何とかならないか?とお願いしたら超硬ビットを潰すつもりでやるか、ワイヤー放電加工にするか、形状を模した物を軟鉄かアルミで作るか、の三択しかないがどれも4万〜5万位かかるよ?と言われ断念しました。

そこで、このまま無駄な買い物で終わらせるくらいなら!とカセットコンロで焼き鈍しをしてみることにしました。ダメ元でうまく行ったらラッキー!と軽いノリでやってみた所、焼き鈍しが上手くいきました!


外観は焼き鈍しによる変色で磨いても元のシルバーには戻りませんでしたが、高温・高圧に晒される実物も変色するのでは?と良しとしました。
で、穴の拡張ですが少し手間取りましたが成功しました!




AKに取り付けて見るとこんなかんじです。



穴径は10ミリで開けたので、BB弾は問題なく発射出来ます。
こんな事をしてるのは私くらいでしょうが、自分だけの銃だと思うと愛着がわきます。

年内の更新も多分これが最後だと思います。
皆さん!良いお年を!

  


2016年12月03日

物欲怖い

先日LCT製RPDを購入したとブログを書きましたかが、物欲って怖いですね。































昨日届いたLCT製RPKです。RPDをお迎えしたのでRPKを購入するなんて無いと思っていましたが、気が付いたらポチっていました。

STK74とPP19-01と並べて見ましたが、その長さが良くわかります。
重さはSTKとそれ程変わらず、同じ様に運用できそうですね。
試射はまだやってませんが、LCTのAK チャンバーで発生する病気対策とSBDの装着は昨日のうちに終わらせました。

さてRPKにもいくつか不満はありますが、最大の不満はクリーニングロッドの短さです。

箱出しではこの長さです。これはAKMなどのクリーニングロッドを流用している為です。

先端部分を正規位置にすると

クリーニングロッド後端がハンドガード内に収まりません。

そこでホームセンターで5ミリのステンレスパイプを購入してきました。これにクリーニングロッド先端部分のパーツを移植し、純正より長いクリーニングロッドを自作しました。

上のロッドが自作品です。

これを正規位置にすると

しっかりとハンドガード内に収まります。

まだ次のゲームについて決まって無いので、年内にゲーム使用出来るかどうかわかりませんが、ゲーム後にまたレポします。