2017年01月28日

物欲全開!

とうとう購入してしまいました。

KWAの電動AK74Mです。
今年の春頃にKSCから発売予定だそうですが、我慢出来ませんでした。
マルイの次世代AKと同様にブローバック機能がありますが、マルイと違い残弾が無くなると作動がストップする機能が実装されています。


では外観から見て行きましょう。



モデル名にメーカー名、生産国の刻印がありますが、控えめで好感が持てます。
全体の作りはかっちりと出来ていて歪みやねじれの心配は無さそうです。



バッテリーはマルイの次世代AK74MNと同じくハンドガード上部に入ります。


ホップはダイヤル式です。バレルにチャンバーパッキンはマルイ用と互換性があります。



マガジンは機構上若干の違いがありますが、マルイタイプが使用可能です。またKWAマガジンも他社AKに使用可能です。



純正マガジン装着



マルイタイプマガジン装着



LCT製STK74にKWAマガジン装着



LCT製AK47にKWAマガジン装着

他社AKがマガジンがグラつくのにKWAのAKはマガジンがグラつきません。

さて肝心のボルトストップ機構の説明です。

上写真の矢印で指している部分が下写真の矢印で指しているマガジンの突起で押されて作動が停止します。

停止したらマガジンを交換し、ボルトを引くと下写真の矢印で指している部分が解除されて再度発射が可能になります。



ブローバック機構は写真上の矢印で指している部分が前後に作動する事によりリコイルが発生します。




さて外観は中々の物でしたが、問題は中身でした。
実はこれ、ヤフオクにて入手したのですが、前オーナーはあまり作動させずにいたとの事で入札を決めました。
落札、到着して作動させてみたら、ノンホップでもホップをかけても飛距離は10メートルがいいとこで、初速は45程度とひどい物でした。それで前オーナーに聞いてみたら試射した時は飛距離40メートル位で初速は85位だったと言われました。
だからスプリングがおそらくカットされていてそれがへたったのでは?と推測し分解してみたら、我が目を疑いました。

上写真の短いスプリングが当初組み込まれていた物です。スプリングテンションの弱いスプリングをカットして組み込んだら、そりゃあ初速が出るわけありません。通常のスプリングの3分の2の長さです。
新たに組み替えたスプリングで92程度の初速が出るようになり、飛距離も40メートルオーバーする様になりやっとまともに使える様になりました。

まだ今年になって一度もゲーム出来ていないので、早くゲームで使ってやりたいです。  


2017年01月18日

アパホテルの英断

中国のネットにてアパホテルが南京大虐殺、及び従軍慰安婦問題で炎上しているとありました。
関連URL
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/17/apa-and-nanking-massacre_n_14216356.html

当初から中国の捏造である南京大虐殺と朝鮮の言いがかりである従軍売春婦問題、南京大虐殺は歴史的にも遺物的にもその事実が確認された事は無く、従軍売春婦に関して言えば、朝鮮人売春婦が軍に付いて回っていて、かつ、当時の日本軍人より高給を貰い、優遇されていたとの事実がありながら、日本政府の弱腰外交の為に両国を増長させ、世界的にも日本のマイナス点にさせていた。
アパホテルはこの事実を知ってもらおうと客室に一冊の本を置いただけ。
読むも読まないも宿泊客の自由である。
この事にキチガイの様に喚き立てる中国人と朝鮮人のいかにやましい事か!
中国人と朝鮮人よ!世界は二つの出来事が捏造だと知っているぞ!

先週、売春婦像の一件で、韓国の日本大使を一時帰国させたが、日本外務省は今週中にでも韓国へ戻したいと言っているそうだが、安倍総理はそんな事はさせないと言っているそうだ。
外務省の職員よ。お前達はどこの国の外務省だ?
もう害有省と名前を変えたらどうだろか?
日本の国益に反することしかしない省庁など解体して反日職員など懲戒免職にしてしまえ!  


2017年01月01日

明けました!

明けましておめでとうございます。新しい一年の始まりですね。
昨日は東京サバゲパークの撃ち納め定例会に参加してきました。大勢のゲーマーが参加され、思い思いの装備で皆さん2016年最後のゲームを楽しまれたかと思います。
今年一年も楽しいサバゲライフを送っていきたいですね。




朝一発目の集合写真です!
参加者の多くは米軍装備でした!  


Posted by くろねこ at 08:12Comments(0)